大江裕

愛をこめてありがとう – 大江裕

今日の日は あなたに伝えたい
愛をこめて ありがとう

ライトに照らされて 今日も僕がいる
優しい笑顔が 僕を包む
雨や風の 冷たさに
泣きたい時も あるけれど
ここにいれば 歌があれば
ひとりじゃ ないから
ありがとう… ありがとう…
今日まで育てて くれたあなたに
愛をこめて 思いをこめて ありがとう

拍手のその中に 今日も僕はいる
あの頃夢見た 舞台の上
みんな胸に 淋しさを
抱えて生きて いるけれど
ここにいれば 歌があれば
元気に なるから
ありがとう… ありがとう…
いつも支えて くれるあなたに
愛をこめて 思いをこめて ありがとう

ありがとう… ありがとう…
いつもどこでも ずっとあなたに
愛をこめて 思いをこめて ありがとう

今日の日は あなたに伝えたい
愛をこめて ありがとう

人気の新着歌詞

ふる里は いま… – 大江裕

季節(とき)は流れて ふる里はいま変わる景色は 春模様無事か達者か 親父お袋は老いて早起き 早寝ぐせなぜか気になる こんな夜は夢でもなアァ 逢いたいな帰りたいけ

今しばし – 大江裕

幾つ越えても その先に続く厳しい 坂ばかりデコボコ道やら いばら道どこに平らな 道があるあ…我慢辛抱だ風は向かい風 今しばし荒れた冬なら 穏やかな春は必ず やっ

北風大将 – 大江裕

やるぞ やったる 誓ったからは道はひと筋 まっしぐら七つ転んで 八つで起きる最後に笑えば それでいいヒューンヒューンと 風が鳴くヒュルルーン北風 どんと吹け冬の

ふるさと始発 – 大江裕

ごめんよナァ ごめんよナァ離れて行くけれど嫌いになった 訳ではないさ切符いち枚 握りしめ窓の外みれば…故郷(ふるさと)の…故郷の 景色が遠ざかる警笛(きてき)よ

みかんの故郷 – 大江裕

みかんの故郷(ふるさと) 今頃は春風が吹き 白い花が咲く磯の香りの 四国路(しこくじ)旅情瀬戸の島々 ポンポン船が明日の夢を 運ぶのさみかんの故郷 訪ねたら波止

日本列島たずね旅 – 大江裕

唄は聞き真似 踊りは見真似惚れっぽいのは 親ゆずり好いたあの娘(こ)は 札幌小樽風のみちのく 加賀の国ハァーそれっきり つれないよ日本列島 あの娘たずねて エー

青春の翼 – 大江裕

遠くなるほど 懐かしいふるさと青空 みどりの野山呼べばはるかに 木霊(こだま)するあぁ青春の 喜び悲しみもう一度 よみがえる故郷(くに)に残した 父と母背中に荷

女のはぐれ唄 – 大江裕

お岩木山から 下りて来る風が命を 吹きさらす誰かが教えた 望郷節(ぼうきょうぶし)が胸で暴れる 身を焦がすあんた恋しと 心がきしむ津軽 女のはぐれ唄太棹(ふとざ

こころ変わり – 大江裕

こころ変わりの その理由(わけ)は私の愛の せいですか初めて恋して 夢をみて愛し方さえ わからずに…お別れですか 本当ですか何も言わない あなたはずるいひと胸の

おんなの花道 – 大江裕

どこか陰ある 瞳の奥に隠せぬ優しさ 温かさ言葉なんかは いらないのついて行きます その背中惚れた 惚れた 惚れた男の行く道おんなの 花の道いつも無口な あなたの

おんなの嘘 – 大江裕

さよならすると 決めたからどうか忘れて 私のことはそうよ嫌いに なっただけ他に理由(わけ)など あるはずないわ嘘じゃない 嘘じゃない 嘘じゃない愛しい背中が 滲

女の残り火 – 大江裕

未練の残り火 消せるでしょうか雨に打たれて たたずむ私忘れたはずの 面影を映す涙の 水溜まり心濡れます 泣いて雨の中あなたを待つのは 愚かでしょうか胸に沁みます

だんじり育ち – 大江裕

だんじり囃子(ばやし)の 太鼓を聞けば魂(こころ)が脈打つ 血が騒ぐ祭がすべてや 人生やそれが泉州 岸和田育ちソーリャ ソーリャ ソーリャ それ行け!指折り数え

こゝろ雨 – 大江裕

どこにいますか 元気でしょうかいまでもあなたを 待ってる私別れてしみじみ 知りましたあなただけしか あなただけしか 愛せないこゝろにしとしと 雨が降る女のこゝろ

天城越え – 大江裕

隠しきれない 移り香がいつしかあなたに しみついた誰かに盗られる くらいならあなたを殺して いいですか寝乱れて 隠れ宿九十九(つづら)折り 浄蓮(じょうれん)の

みだれ髪 – 大江裕

髪のみだれに 手をやれば赤い蹴出(けだ)しが 風に舞う憎や 恋しや 塩屋の岬投げて届かぬ 想いの糸が胸にからんで 涙をしぼるすてたお方の しあわせを祈る女の 性

舟唄 – 大江裕

お酒はぬるめの 燗がいい肴はあぶった イカでいい女は無口な ひとがいい灯りはぼんやり 灯りゃいいしみじみ飲めば しみじみと想い出だけが 行き過ぎる涙がポロリと 

命くれない – 大江裕

生まれる前から 結ばれていたそんな気がする 紅の糸だから死ぬまで ふたりは一緒「あなた」「おまえ」 夫婦(みょうと)みち命くれない 命くれない ふたりづれ人目を

涙を抱いた渡り鳥 – 大江裕

ひと声ないては 旅から旅へくろうみやまの ほととぎす今日は淡路か 明日は佐渡か遠い都の 恋しさに濡らす袂(たもと)の はずかしさいいさ 涙を抱いた渡り鳥女と生ま

親のない子の子守唄 – 大江裕

ねんねん ねんねこ ねんころり親のない子の 子守唄お目めつぶればヨ お目めつぶればヨやさしい母が会いに来るから ねんねしなねんねん ねんねこ ねんころり親のない

Back to top button