KERENMI

おぼろ feat. 佐藤千亜妃 – KERENMI

春の宵に 彷徨ってる
花びらの夢 私は歩きだす
何か気づいている この胸の行方 おぼろ月
知っているのか 知らないのか ただやんわりと
私を赤く照らして 内緒の吹き出し 隠し持てる勇気を

神様 ばかといって 開き直り ひた隠し
終わらない 終わらせてよ 教えないのわからせて

桜は散る 時を逃し
漂ったまま 私は歩きだす
指を目頭に当てて 泣いたふり おぼろ月
知っているのか 知らないのか ただやんわりと
私は息を潜めて 生温い風が終わる時を 待ってる

神様 私に咲く花は幻でしょうか
終わらない 冷めない夢の中の おぼろ月よ

全てが淡く 光るこんな夜は
曖昧をダメと言わないで 言わないで

神様 ばかといって 開き直り ひたかくし
終わらない 終わらせてよ 聞こえないのわからせて

神様 私に咲く花はまぼろしでしょうか
終わらない 覚めない夢の中の おぼろ月よ

言わないで 言わないで 言わないで

人気の新着歌詞

からまる feat.大比良瑞希 – KERENMI

どうしてイタイの? ナミダって苦いの?カナシミっていつも どこからこみあがってくるの?ズキ ズキ ズキ 嫌ズキ嫌×3ズキ ズキ 夢に見たい単純な記録も 沁みつい

Over Night feat. 玉名ラーメン – KERENMI

変わるこの世で 君だけは いつまでも変わらないでいてよこんなくだらない世界を捨てて 二人だけの世界に住もう夜を超えて踊ろう 連れて歌おう 答えはない君だけの世界

103 feat. motoki ohmori – KERENMI

色の無い空が包む今日が僕はやけに好きだったりする誰よりもこの空虚な切なさをわかってくれている気さえもする解り合えないすり傷すら出来やしない空気とたまに笑い合う手

Play the Game feat. SALU & Michael Kaneko – KERENMI

Come on overLet me hold yaYour like a drug i can't replaceGetting closer and clo

KOTOSARA night and day feat. Chara , 高岩遼 (SANABAGUN.) & GOODMOODGOKU – KERENMI

Baby このままずっと...Lady 今夜はぎゅっとCrazy ことさらNight and Day...君のブラが落ちてる部屋の中俺のラヴは君のハートの中で会

ROOFTOPS feat. 藤原聡 (Official髭男dism) – KERENMI

同じ色の夢を持った僕らそれだけでもう果てしなく嬉しいんだ叶えたらすぐ次のを浮かべ性懲りも無くまた始めるんだ互いにとってのSelfish ways空欄ばっかのYe

ひとつになりたい feat. 奇妙礼太郎 – KERENMI

何も言わない聞かないひとつになれない君と僕は誰も知らない見えない記憶で会えない僕は君と何も見せない聞けない理想になれない君も僕もだけど知りたい触れたい一つになり

Beautiful Eyes feat. Michael Kaneko & hasama – KERENMI

Lately my mind is getting wearyClouding up my sensesThis river runs deepBut my l

ふぞろい feat. Tani Yuuki & ひとみ from あたらよ – KERENMI

誰も知らない 知られちゃいけない誰も知らない 知られちゃいけない私の心はどこへ行こうか 私の心はどこへ行こうかみんな知ってる 誰でも知ってるみんな知ってる 誰で

ケタタマ feat. Mori Calliope – KERENMI

魂またケタタマシイ疾しいからってヤカマシイ私からネタバラシWord to the wise, I'm hookedSo what'cha want from m

TOKYO 君が everything feat. キタニタツヤ & クボタカイ – KERENMI

TOKYO 君がeverything 君となら超えていけるさ混沌の街を本当に一番エグいしヤバいよなgirl girl 君最高のgirl「光あれ」って誰もが思って

アダルト feat. アヴちゃん from 女王蜂 & RYUHEI from BE:FIRST – KERENMI

なんだっていいのに言葉じゃなくっても心抱きしめてくれるもの探してる素直になれない使われてたくないから「なんとなく」は会えないほんとうに傷つくその前に泣いたりした

boy feat. asmi & imase – KERENMI

出会った日から撃ち抜かれてた所狭しと、心鳥肌進むべき道、君が未知でも暗闇の先、ただ見つめてた家路を急ぐ少年の腕には宝ものを抱え踵を浮かす針を落とした、旅の音した

Back to top button