スタァライト九九組

  • 綺羅星ディスタンス – スタァライト九九組

    星たちがこの空に散り散りなワケ知らない当たり前見上げてただ生きてきたけど離れてても輝きがここにいるよと知らせる夜になればこの繋がりを証明してる 拝啓 迷いを知らぬ過去の私 聞いて今 揃いの服を捨てて未来進む覚悟を持つのよ決めたわ 瑠璃も玻璃も照らせ輝き纏え君と離れたとしてもココロ繋がったまま私こそが君の武器美しの顔蒼い涙で濡らす日夜空に私見つけて綺羅星がある 名前のない星をこの指 結び繋ぐの記憶た…

  • 私たちはもう舞台の上 – スタァライト九九組

    WOW 果てなき空WOW 星を目指せおそれずに進め Hey! リズムに合わせて手を叩こうHey! 踊るように歩こう 軽やかにHey! 本能のままにホップステップジャンプHey! ステージは続く LALALALALA リボンを解いたの 出てきてもいいよドキドキが騒いでる もう閉じ込められない世界は広いんだけど ah 近くに感じていたいキミは今ごろ どんな景色を見てるかな 折り目をつけた台本には 新し…

  • 青春トラベラー – スタァライト九九組

    この旅路の チケットには期限はないから行こう どこまでも出会いの刻(とき)手に入れたよ君と同じ地図を ようこそ キラめきまで降り立つ 君に会えたカラフル 魔法かけて悲しい世界 塗り替えるね その心のカメラにはいま残してくれたと信じている これからも旅はまだ終わらない始めよう次のためのフィナーレ 君と夢を 乗せて走る劇場列車は真っ直ぐ進むよ乗り合わせた君と見たい夢の向こう側を 子供の頃 覚えた歌から…

  • サイカイ合図 – スタァライト九九組

    私を見てホラ 鏡の中で高嶺のココロに隠した弱虫 泪(なみだ)渦巻き 鼓動が吠える(負けない)自問自答一人泣いた明けて暗がり アタシは誰?(答えて)演じるの?(曝け出して)強がりの(仮面捨てて)真実が(生まれるの)立て!ヒロイン! 誇れ!愛しさをこの決意 信じて一番星の私なら見つけてあげる 描けよ!物語れ決めるのは この胸叶える“自分夢(キラめき)”こそ武器闘うだけさ この人生の(ポジションゼロ)立…

  • You are a ghost, I am a ghost ~劇場のゴースト~ – スタァライト九九組

    HELLO 私の居場所はどこにスポットライトの光が届かないところさあお嬢さん こっちへおいで苦しい鎖を壊してあげましょう「ああ、ステファニー。そっちへ行ってはいけない。奈落に向かい、歩みを進める小さな足」瞬間の美しさを その命とひきかえに瞬間の美しさを その命とひきかえに舞台に閉じ込められたら命が尽きるまで踊らされる 煌き 聖なる歌声が聞こえてるそれは呪いなのか救済なのか本当にゴーストは ゴースト…

  • 恋は太陽 ~CIRCUS!~ – スタァライト九九組

    ハートをつついて飛び立つ冷たく尖ったくちばし何か失ったのあなたを見ても何も感じない 空中ブランコのように手を伸ばし その手を掴もう機械仕掛けの鳥恋する気持ちを返して 嗚呼 きっと太陽近づけば燃えてしまう夜になれば あなた想い朝を待つよきっとそう 恋は太陽頭で理屈は分かる傷つけられても捨てられない宝物になる心弄ぶジャグリング 失う恋などないよと泣き顔のピエロは嗤う気持ちのすれ違いは入れ違いシーソー …

  • Polestar – スタァライト九九組

    拝啓、かけがえのない大事な君へ 季節はやがて私たちを追い越して追い越して駆けるように過ぎていくだから少しも後悔などしないようにしないようにぜんぶぜんぶ糧にして 夢を持つ背に生えた翼 (Fly away) いつも私たちを見守ってたほら あの星が今見上げたなら 同じ場所でそっと輝いた手を振っているように 君が君で君だから そう強く強く キラめいていけるの誰も代わりなどできないから 同じ時代 同じ場所で…

  • My friend ~Arrie~ – スタァライト九九組

    雨がやんでキミはもう 一人なんかじゃないよキミがメロディ歌ったら ハーモニーにするの 涙ぽろり 寂しさ感じたとしても夜空は見てる 友よ 友よみんなが友だち今日の涙も いつかは友だちなんでもできるよなんでもアリーだよ出会えたの 奇跡に大切な友だち みんな 口ずさんだ言葉は 空にふんわり消えたキミが笑顔くれたから 歌う意味知ったんだ 伝わらない思いも 時にはあるけどそれでもいいよ いつかきっと 友よ …

  • Re:PLAY – スタァライト九九組

    オレンジ色の世界夏の陽は まだ長くキラキラした星たちが起きる夜を待っている 下手な化粧して(見慣れないね)キミに送信したら笑えるよと(笑えるよと)慣れた無邪気さに許されたよう 会いたい気持ち紡ぐ遠隔の魔法は時代が閉めた扉開けて夢 繋ぐ 散る桜の日に(その切なさ)遠くへ 想い馳せたでも静かに(でも静かに)季節は過ぎ去るもう会えないの? さえずる青い鳥は孤独から逃して時代の息吹宿し色付けと謳う 会いた…

  • 再生讃美曲 – スタァライト九九組

    選ばなかった過去たちへ静かに捧ぐ讃美歌をあの日の私の続き未来は笑えていますか? あまりに不確かな可能性を追いかけてあの子は何を燃やして 生まれ変わる ああ 私たちは何者でもない夜明け前のほんのひととき幸せよ、君はいずこにそれが何か分からなくても例えばそれがエデンの果実でも だから眩しい 通り過ぎる束の間をここに留めて 讃美歌よ あまりに遥か遠い星を目指して裸足で硝子の上を歩くかのよう ああ 私たち…

Back to top button