ねじ式

灰になった十二月 (feat. 初音ミク) – ねじ式

待ち合わせの時から気づいてた
いつもよりやけに優しい君に
そのぎこちない笑顔の裏側に
隠されてた言葉も

彩りはじめた街のイルミネーション
「キレイだね」と話しかけても
うわのそらの君の瞳はもう
僕と違う誰か見てた

じゃれあった夜や 繋いだ手のぬくもりが
街の街路樹が木の葉を落とすように
僕の両手からこぼれ落ちてく
かすれた声のさよならが降り積もる
ひとり残して

白く積もる雪景色は
僕の灰になった思い出さ
もう未来に歩く足跡が
ひとつに重なることは無いこと
わかってた

借りたままの本達は返せずに
本棚の隅で泣いている
貸したままのものなんてあげるから
僕の心だけ返して

iPhoneのシャッフル 君と聴いてた曲達を
何度も選んで 涙に染める毎日
見上げた桜や 真夏の白い雲達
秋晴れの空 越えた向こう
君が居ない冬が始まるのさ

はしゃぎながら作った雪だるまが
次第にやがて溶けてなくなるように
「いつか消える恋だった」なんて
濡れてるアスファルトにつぶやいてみたら
また泣いてた

白く積もる雪景色は
僕の灰になった想いさ
もう未来に歩く足跡が
ひとつに重なることは無いこと
わかってたけれど 今も
雪のように消えない思い出

人気の新着歌詞

愚者の裁き (feat. 結月ゆかり) – ねじ式

ひとりきりで抱えこんだ夢緩やかに腐った嫉妬と愛情のモザイクの世界他人が決めた「僕らしさ」なんてアヤフヤなジャッジメント自分を刻んで走りだせアクビしてるうちに追い

ピアノデイズ (feat. メグッポイド) – ねじ式

陽だまりの中揺れるメロディー君の奏でるピアノに乗せて手探りの声合わせ唄ったあの日のような青い空君の綺麗な指が踊る紡ぎだす音 心染めてた二度と戻れない秋の日々あの

ルティエ (feat. 初音ミク) – ねじ式

かじかんだ指が魔法をかけた光の中に君を探している雪は好きだな汚れたココロも洗い流してくれるため息がほら オーロラのように冬の夜空に溶けてくよ君が笑う それだけで

噛んだっていいよ (feat. 初音ミク) – ねじ式

沈黙してるTwitter キミが哂うセカイはGlitter壊れたままのジッパー 何もかもがダダ洩れなんです未熟すぎるmy dream 根拠なき rising「今

リメンバー (feat. メグッポイド) – ねじ式

まぶたに浮かんだ季節 流れ出す音楽言えなかった言葉達がいつしか星のように僕らを 照らしてるこんな夜は君を思い出すんだよいつも何か探していた 腐るほどの時の中当た

絶叫ジャッジメント (feat. 初音ミク) – ねじ式

「何マジになってんの?」って言う奴に限って土壇場で逃げて尻尾まいていくのさ傷だらけでいいじゃん 噛み付いてやるよ非難中傷で己慰める豚そんな風に生きたって 心響か

エウロパの苦悩 (feat. メグッポイド) – ねじ式

古傷がちくり 胸の中痛んで君の笑顔を見れなくてあいまいな関係 その方がいいよ勘違いで傷ついた恋 またしたいの?優しい言葉も 柔らかな微笑みも僕だけが特別じゃない

キミイロアーカイブス (feat. メグッポイド) – ねじ式

いつだって僕らは 掛け違えたボタンみたいな現実と理想がずれた日々を歩いてくのさほこりかぶってる夢のアーカイブ拡張子さえ付いてないファイル名は何ですか?圧縮されち

かすみそう (feat. 結月ゆかり) – ねじ式

カーテンの中 泣きじゃくった月より遠い過去に今でも心を抉られて出せない手紙を書く古い絵画のような水彩の記憶 消せやしないから「許したい」「許せない」の天秤の上で

アッシュなミルクティー (feat. GUMI) – ねじ式

沈んでいく脆弱な決意これで何回目のバイバイだろう?嘘ついちゃって こうやってまた誤魔化して僕らまだここにいる黙り込む夜明け 指で繋いだ星座は二度と戻らないけれど

Back to top button